むらさきとおれんじと。

ポケットいっぱいの秘密を持って

back numberというバンド。

back numberというバンドに惚れてしまった。

清水依与吏という人に惚れてしまった。

とかいう。そういう。

 

back numberを知ったのは2011年。

バイト先で流れていた「花束」に一耳惚れをした。一目惚れ的な。

どうやら有線でとてもプッシュされているらしい。店内で働いていてもしっかり聞き取れるその優しい声と歌詞に、好きだ!と確信するのはあっという間だったように思う。

カラオケにいけば、『最近の曲みたいなんだけど、絶対に流行ると思うの!』と豪語していたらしい。(最近友達に言われた。)その年、別のバンドが目的でとった夏フェスにback numberの文字を見つけて、同行者に『なにがなんでもこのバンドの花束が聞きたい!』とわがままを言い、少しだけ遠くで見た記憶もある。

 

しかし、この「花束」という曲からわたしはback numberに踏み入れることはしなかった。同時期に発売された「short hair/BaseBallBear」にも一耳惚れをしていたのだ。

BaseBallBearのインタビューを読み、咀嚼すればするほどに、ストリングスが入るback numberの楽曲たちに違和感を感じてしまった。

(BaseBallBearは2016年まで、ストリングスや同期音を一切使わないというルールのもとで活動していて、そこにわたしは強い美学を感じていた。)

 

2013年、学校の食堂で「高嶺の花子さん」を聞いた。

やはり好きなのだ。耳ですぐに拾えてまうほどに。あのうるさい学食で聞いても心が踊るくらいに。しかし少し斜めに捉えてしまったことも覚えている。

好きなのに、なぜか好きって言えない。

2011年のあの「花束」を聞いたときの衝撃は忘れないのに、曲のチェックもそれなりして、ラジオもちょいちょい聞いていたのに。

なぜか好きを認められない。そうして時が経っていた。

 

back numberはその間どんどん大きくなり、モンスターバンドといわれ、気づけば『あのバンドにあんな時期から気づいていたのすごいね』なんて。言われるようになっていた。

 

2018年1月。

いつものように一日の始まりにYouTubeを開き、お気に入りの一曲を再生した。

おすすめ欄に出てくる「ARTIST」という曲。back numberがやっているらしい。どうやら新しい曲のようだ。

興味本意で再生した。

今までのイメージを払拭するサウンド。ループするギターの音。恋愛でもなんでもなく、作り手だからこそのあの歌詞。

「花束」を聞いたときの衝撃をもう一度味わった。

 

 

それから浪人生になるという大きな挫折をした。

毎日泣き、脱け殻になったわたしはback numberの音源を集めることにした。

そこで「SISTER」と出会い、声をあげて泣いた。

欲しかったのは叱咤でもなく、応援でもなく、寄り添ってくれる言葉だったのだと思った。

 

それからback numberのインタビューを読んでいるわけなのですが。(前置きのつもりがもはや本文。)

 

 

 

 

って春に下書きを書いたまま。

 

ナゴヤドームのコンサートを糧に半年間死に物狂いで勉強して、コンサートに行き、9月からさらにハードな日常を送りつつ、依与吏さんの好きなとこ考えてたんだけど、先日の報道を受けて、まっっっっったく気力が沸かなくなってしまったので。供養の意味でも。

大好きなんだけどなあ。

ちょっとだけ、と忍ばせてしまった恋愛感情がブクブクと膨れ上がって、知らない間に素直におめでとう、と言えないくらいには複雑な感情になってしまっていたらしい。

 

国家試験まであと98日。

絶対受かるからね。なんでもいいです、あなたの作った曲が、あなたの歌が聴きたいから。もう少しだけこのひねくれたファン心理とも恋愛感情ともいえないこの気持ちを抱かせてください。

わたしと音楽

2か月くらい前の講義と講義の休み時間に隣の席の同級生からもらった些細な一言が、なんだか妙に嬉しくてずっと心に留めている。

 

『リーダー(わたしのニックネームです。)にとって音楽ってなくてはならないんだね。』

 

多分いつも通りOKAMOTO'Sの話でもしていたのだろう。名古屋公演も近かったし。

 

それからしばらくして、考える時間が増えてきてこの言葉を噛み締めるけれど、そんな、音楽が酸素です。なんて儚い言葉わたしには発せないなって思った。

瑞々しくてそんな儚い言葉わたしにとっての音楽とは別物になりそうだなってぼんやり思った。

 

 

 

っていう下書きがあったので放流しておこう。

音楽が酸素なんてそんな簡潔に言い表せない。ライブで披露されるバラードに、最前列で泣くような、あんな切なくて儚い、あの女の子達にはなれないけれど。でも。

音楽はなくちゃいけないんだよなあ。

 

っていう。そういうやつを書きたかったのかな(笑)

勝手にプレゼン!What is OKAMOTO'S? 最後に

雑多にアレコレ!

オカモトーーーク更新されましたね!?見た!?4人が馬鹿すぎで愛しくないです!?レイジくん生首!?みたいな。オチまで完璧でOKAMOTO'Sに恋するしかないなって思っちゃいました。
 
需要ある?って感じだけどあると信じて続編。これで最後のつもり。
ツアー日程発表と同時に更新できたらよかったんだけどできなかった… むしろもう最速先行抽選は当落出ましたしね…
今回は伝えたかったけど溢れたやつたちをお伝えするぜ!的なやつ。
 
 
 
Ⅰ)前回サラッと出てきた単語『ヤバコウキ』
 
オカモトーーークを視聴した方にはもう説明する必要とか全くないと思いますが、オカモトーーークのエンディングテーマでもあり、作詞作曲演奏まで全てをコウキくんがこなしているあの曲です。
 
YO!これがスモーキーなラップ!
 
とかいきなり歌い出すもんだからもう可愛いの渋滞。先日まで行われていたLIVE WITH YOUのラスト3公演において披露されましたが(私はセミファイナル名古屋にて目撃)、まさかすぎました。可愛いの渋滞。デスボイスのところでむせちゃうんです、コウキくん。素で『可愛い…』って声が漏れました。可愛いの渋滞。もうほんとに可愛いって単語しか発することができなかった。(今でもそうだけどさ。)
 
気になる方は最新シングルbeautiful daysに収録されているのでぜひ!!
 
Ⅱ)レイジくんのDJ業
 
そうなんです。レイジくんDJしちゃうんです。しかも個人的に。レイジくんがDJやった公演もあったんだけどね… それは行けなかったよ…
個人Twitterで告知されてるからこちらも知ってる方ちらほらいるかもしれない。
 
OKAMOTO'Sは4人全員が音楽オタク。たまに個人から発信されるオススメの音楽たちを追っていくとそれがよく分かると思います。そんな中、ひときわ発信してくれるのがレイジくん。彼のインスタにはたくさんの音楽たちが並びます。そこに紛れるプライベート写真もまあ、格好いいと可愛いの渋滞なのでレイジくんのインスタをみんなフォローしようね!?(最新でいえばハマくんの誕生日を祝う他3人の写真!)
 
レイジくんのインスタでいえばジャニオタみなさんご存知の櫻井くんと有吉さんの番組できゃりーちゃんが紹介してたあの一般人ノザキくんもよく出てきます。
きゃりーちゃんとノザキくんを繋いだのがレイジくんだとか違うとか。
 
 
Ⅲ)ローディーのバンさんとPAのタルさん
 
OKAMOTO'Sの名物スタッフのおふたり。 チームOKAMOTO'Sにおいてメンバーと並ぶ人気を博すおふたり。
 
バンさんは主に楽器の管理を、タルさんはライブの音響を担当されています。
ジャニーズのライブでは考えにくいかもしれないですが、会場してから開演までの間にもステージ上ではスタッフさんがせっせと準備をしております。そこでステージの準備を取り仕切っているのがバンさん。後ろとかで機材をさわっているのがタルさん。
 
おふたりともSNSやってます。バンさんの暖かい人柄が滲み出るインスタのファンです、私は。バンさんのインスタにコメントすると6割くらい返信もらえる。またその返信が暖かい。
 
個人的にはスタイリストTEPPEIさんも推していきたい。OKAMOTO'Sのイカした衣装を考えてくれる方。たまにハマくんとツーショット載せてます。星野源くんとかRIP SLYMEの衣装も担当されているとか。
 
 
Ⅳ)彼らのライブのこと
 
これが書きたくて続編を書くことにしたようなもん。OKAMOTO'Sのライブはとにかく楽しいことを伝えたかったんだ!!
 
すばるくんのライブレポでさ、ファンの子と会話してて結構こっちもざわついたりしてるじゃん? あれ、こちら側の通常営業です。
 
よっぽど進行の邪魔になるタイミングで声を出したりしない限りだいたいは許される。 むしろ問いかけられる。地方の公演は特に。オススメの食べ物は?とか行った方がいいところは?とか。 
ちなみにLIVE WITH YOU岐阜公演においてオススメの食べ物は?の問いに鮎菓子ー!と叫び、ハマショウとワンラリー会話できたのはこの私です。そこで出会ったお姉さんに鮎菓子って呼ばれてます。 MCはそんな感じ。
 
演奏ももちろん最高です。 音源で聴いてももちろん格好いい音源たちですが、生で彼らが演奏しているところはもう今度は格好いいの渋滞。
 
 
ショウくんのなるべくしてなったフロントマンっぷりにクラクラしちゃう。 彼ほどフロントマンが似合う男はいないんじゃない?ステージで自由に動き回り、格好よく歌ったりニコニコしてたり。罪な男1号だな。って感じ。
 
ショウくんにはステージ上で光の筋が見えるのでそれに従って動き回ってるそうです。それでたまにメンバーが一歩前に出てくるチャンス潰しちゃうの。
何言ってるの!?って話ですけどこれショウくん発言ですから。これぞリアルOPERA
 
 
コウキくんは見た目の可愛らしさはどこへやら。頭振り乱して、その華奢な体を大きく使うギタープレーにこちらもクラクラ。
こちらに背を向けて右足を高く上げながらギターひいてるとこが個人的に好きすぎてつらい。
 
コウキくんボーカル曲で客席の少しだけ上に視線を泳がせて歌うのもめっちゃ好き。
パーマを当てた髪を照明の光が透けて、それだけでもうぎゅん!って感じ。罪な男2号確定です。
 
 
ハマくんのリズムの取り方もやばいよね!?好き。(軽率)
演奏しながらこちらを挑発するように視線だけで煽ってくる。そんな顔して見ないで。ノるしかない。ハマくんのベースは色っぽいと思います。
 
本人はベースは指に躍動感がないってよく言いますが、ハマくんの考えるベースってほんとによく考えられていて、めっちゃ動くんですよね。音源だけでもそれが感じられますが、ライブとなればなおさら。罪な男3号認定。
ハマくん男の子が大好きなんで。すばるくんタイプです(笑)
 
 
レイジくんが私的に一番ギャップを感じた人!!
基本的に小学生みたいな落ち着きのなさで真剣な姿なんてなかなか見せてくれないんです。(特にオカモトーーーク)
 
そのレイジくんもさすがにドラムを前にすれば真剣になります。OKAMOTO'SのドラムってすごくOKAMOTO'Sぽさがあって、絶対難しいの。そのドラムラインが超絶格好いいの。
そんなレイジくん、髪の毛振り乱してドラムを叩くんです。惚れるに決まってます。
赤と黒のオシャレなプリンなオールバックを乱しながらドラムを叩くんです。惚れるに決まってます。
曲と曲のちょっとした間にポケットから櫛を取り出して髪の毛をちゃちゃっと整えるんだけどまあそのときの色気が!惚れるに決まってます!!!!
 
私が入った公演で一度音響トラブル?があったようで、誰も気づいていない(素振り?)中でレイジくんだけがバンさんを呼び手短に説明してるんです。ほんと、現場のレイジくんやばい。デキル男!罪な男4号ですよね!!!!
 
ライブのレイジくんだけやたらアツく書きましたがほんとに現場のレイジくんはギャップがすごすぎます。
 
 
 
 
 
 
さーーーて!47都道府県制覇ツアーが控えているOKAMOTO'S。
まだまだ最速先行抽選が終わったばかりです。 まだまだチケットをとるチャンスはある!!男の子も女の子もおっさんもお姉さんもいるこのOKAMOTO'Sのライブ一度参加してみませんか??
 
岐阜公演、名古屋公演には私もいます。ぜひぜひ語り合いましょう(*^^*)

勝手にプレゼン!What is OKAMOTO'S?人物編

n番煎じになっていることは分かっています。人物編。

 

改めて公式プロフィールはコチラ。

Vox/オカモトショウ、Gtr/オカモトコウキ、B/ハマ・オカモト、Drs/オカモトレイジ

全員が岡本太郎好きで、ラモーンズのように全員苗字はオカモト。
彼らのバンド名は「OKAMOTO'S」。

PROFILE | OKAMOTO'S より。

 

あえて人物編を書くのは私自身が関ジャニ∞にハマった直後、ネットで7人の性格とか関係性を調べまくっていたからです。人となりも知りたいじゃん!?じゃあ書いちゃおう!って感じです。

OKAMOTO'S歴半年の私の独断と偏見のみで書き連ねますので、事実かどうかの責任はとりかねます。

 

まず4人のこと。

OKAMOTO'Sは和光中学校の同級生だった4人によって結成されたロックバンドです。

全員が音楽オタク。音楽ラバーズ。 

ホットでまっすぐで年相応の男子のあの可愛らしさも兼ね備えた、いわゆる90年組。バンドがお仕事になる前までは毎日のように遊び、会いたくて会いたくて仕方なかったなんて言ってる彼ら。可愛すぎます。

苗字が全員オカモトなのは岡本太郎さんを敬愛するがゆえ。普通にみんな本名はバラバラの名字だから!笑

 

さああああああああて!メンバーそれぞれのこと書くよ!

 

まずはボーカル!オカモトショウ!!

真ん中で歌ってる人です。OKAMOTO'Sのフロントマン。

見ただけで分かるかもしれないですがアメリカ(父)と日本(母)のハーフです。顔は濃いけど中身は爽やか。4歳で来日。帰国子女。某ヒモ夫に間違えられがち。

ステージパフォーマンスには目が釘つけになります。OKAMOTO'Sの社交担当。先日の関ジャムの楽屋で話す姿が映っていたハマくんじゃない方。

社交的でしっかりしているようにみせかけてますが、自他ともに認めるリアルOPERA。天然。ライブMCでツアー名を間違えてコウキくんにツッコまれ、『ショウってたまにツアータイトル間違えるよね。』と冷静に攻撃される。(@LIVE WITH YOU岐阜公演)その他ミラクル天然発言多数(笑)

OKAMOTO'Sの楽曲の作詞作曲の大半はショウくんによるものです。

 

ギターは私の贔屓が止まらないオカモトコウキ。

キーコーちゃんとも呼ばれ、女の子のファンの多さをモロに感じるコウキくん。コウキくんのファンのことはコウキッズっていうんだよ!!(他のメンバーにはありません。)

子犬のような可愛らしいルックスと優しい言葉遣いに、シビれるほどカッコイイギタープレイ。自分が可愛くて格好いいポジションにいることを分かってやってます、彼。あざとい。

やすくんと一緒にギターを弾いてた彼です。コウキくんが前奏のときにウインクしてたんだけどみんな気づいた!?そのあとにひなちゃんもウインクするもんだから昇天するかと思ったんだけど!!! 自担まさか夢のコラボ!!!!

のちに紹介するオカモトーーークにおいて最初はポンコツキャラだったのに確実にトークスキルを身につけ、いまや司会をたびたび任されるまでに。2015年最大の問題作ヤバコウキを作るなどして2015年はコウキの年、と他の3人に言わせた今最も勢いのあるメンバーです。

コウキくんが曲を作ることもしばしばあり、勝手に仕上がれは作詞/オカモトショウ、作曲/オカモトショウとオカモトコウキです。

 

ベースははみなさんお馴染みししょーことハマ・オカモト!!

OKAMOTO'Sの社交担当。フェンダーという世界の楽器メーカーとエンドースメント契約を結ぶ日本人唯一のベーシスト。 世界に認められる技術と父親譲りのトークスキルの高さでソロ仕事が断トツで多い(イメージ)。ハマくんの父親については各自調べてみてください。

見た目年齢が明らかに飛び抜けてますが、メンバー内で一番誕生日が遅いためロリータいじりをされちゃう91年3月生まれ。レイジくんから謎のイジリをされ、ツッコんだり真に受けたりとこの二人の絡みが可愛らしいこと可愛らしいこと。

外向き用に落ち着いて話すハマくんも好きですが、個人的には声の張り方やイントネーションが子供っぽくなるオカモトーーークでの話し方が一番好きかも。てか声がいいよね。

 

そしてドラムはオカモトレイジ。

超笑顔で勝手に仕上がれでカウントをしていたのが彼です。

メンバーイチ真面目でシャイで優しくてひょうきん者(なイメージ。予防線。)で基本的にふざけてる。すごい周りのことみてる。表現するのが苦手なのか不器用に優しい。OKAMOTO'Sのポンコツ可愛い要素の大半を担う。小学生みたいな落ち着きのなさ。根が真面目だから外の仕事ではふざけないように頑張る。だから大人しい(みたいなとこあるよね)。

とにかくアーティスト。絵も上手いし、個人でビートメイクしてDJしちゃうし、私服もお洒落だし。てか感覚がかなり独特。

コウキくんとのポンコツコンビがめちゃくちゃ可愛い。レイジくんの幼少期の映像がYouTubeの海にはございますので(ハマくんもあるよ!)気になった方はぜひ検索を!

 

 

 

ジャニーズとは違い、この辺りの規則が少しだけ厳しくない界隈です。いきなりお金出すのは勇気がいるなあ、って渋ってるあなたも無料で楽しめるところもあります。もちろん公式発信で。

無料なところを覗いてみるのもアリなんじゃないかな!?

公式かつ無料で楽しめるところなんてどうやって探すんだよ!?って感じですが前述したオカモトーーークというYouTubeで月1配信されているゆるゆるやってるトーク番組があります。MCもこんな感じ。勝手に仕上がれみたいにあんなカッコイイ演奏の合間にこんなMCしちゃうのがOKAMOTO'S。

2015年1月から始まった番組ですが、2016年2月から番組がリニューアルされます。リニューアル前の今に!ぜひ!!見てほしい!!!だいたい月末更新なので急げ!!

最新版と個人的オススメの回をリンクしておくのでどうぞ!

 

youtu.be

youtu.be

OKAMOTO'S沼へようこそ\(^o^)/

勝手にプレゼン!What is OKAMOTO'S?楽曲編

n番煎じになっているだろうけど私だってOKAMOTO'Sのこと紹介したい!!

最近よく聞かれるOKAMOTO'Sってどっから入ればいい!?の質問に対する私がするいつもの回答を楽曲編と人物編に分けて紹介したいと思います。

 

まず、OKAMOTO'Sの公式プロフィールから。

Vox/オカモトショウ、Gtr/オカモトコウキ、B/ハマ・オカモト、Drs/オカモトレイジ

全員が岡本太郎好きで、ラモーンズのように全員苗字はオカモト。
彼らのバンド名は「OKAMOTO'S」。

PROFILE | OKAMOTO'S より。

 

私が一番に最初に聴いてほしい曲はコチラの3曲です。

youtu.be

youtu.be

youtu.be

 

もう全部聴いてくれ!!って感じなんですけどOKAMOTO'S歴半年のヒヨッコな私なりに。

JOY JOY JOYの初めのギターとベースの掛け合い最高じゃないです!?こんなにベースがグイグイきててこんなにカッコイイなんてアリ!?って感じです。個人的には入り口に断トツでおすすめしたい曲。

SEXY BODYはまるちゃんも好きな曲。勝手に仕上げれのリクエスト時に具体的に曲名があがっていたということで題名くらいなら知っている人いるのかな!? 間奏のギターとベースに注目!女性のコーラスライン、ライブでは観客の役目ですのでめっっっちゃ楽しいです。ショウくんに掛け声から手の動きまで煽られます。快感。

Dance With Youもまた踊れるナンバー。 記念すべきMステでの初共演時に演奏していた曲です。今の代表曲といえばコレ。そして続いて聴いてほしいのはこの曲。

youtu.be

先ほどのDance With Youと同じメロディーなのに全くアレンジが異なる(くるり 岸田繁さんプロデュース)のがコチラ。 聴き比べも楽しいです。

 

 

ここまで曲を紹介してきたけど、じゃあどの音源を手に入れればいい?って感じなのでここでオススメしたいアルバムたちの紹介をば。

OKAMOTO'Sは6枚のアルバムをリリースしていますし、日を追うごとにどんどん進化しているバンドなので新しいものから!って言いたいところなのですが、なんせ最新のアルバムが問題作なので(言い方)5th→6th→4th→3rd→2nd→1stが個人的には一番じゃないかな!?とは思います。

5thアルバム『Let It V』は通勤通学時間にアルバムが1枚と聴き切れるがテーマです。40分くらいで1周聴けます。JOY JOY JOYもSEXY BODYもコレに収録されています。ほんとオススメ!!

そして問題作6thアルバム『OPERA』。横山さんも元気が出るCDとして紹介していた最新アルバムです。家のカギとケイタイ、サイフをなくした富井一くんの物語を1枚のアルバムとして表現してあります。ちょっと難解だけどすべてが名作。音楽オタクな彼らはこのアルバムのためにティザー映像を別撮りしちゃいます。

youtu.be

ティザー映像とはCDのCMのようなものジャニーズnetで視聴できるスポット映像的立ち位置の映像です。

そして4th『OKAMOTO'S』3rd『欲望』2nd『オカモトズに夢中』1st『10'S』と聴いてほしいです。

 

最後に最新曲BeautifulDays。

youtu.be

OPERAを聴いたあなたなら少しだけ違う捉え方ができるハズ!!

 

人物編はまた書きます。